• HOME
  • お役立ち情報(新着順)

お役立ち情報

お役立ち情報一覧(新着順)

家族滞在ビザ

家族滞在ビザから永住申請するには?条件と方法を解説

家族滞在ビザの外国人が永住申請をする際は、単独で申請しても通常許可されることはありません。 家族滞在ビザは、就労ビザで働いている配偶者(または親)に付随しているビザになるので、配偶者または親と一緒に永住申請する必要があります。 今回は、家族滞在ビザの方が永住申請するための条件や方法について解説していきます。 家族滞在ビザとは? 家族滞在ビザは

続きを読む
永住権

永住申請の理由書の書き方とは?構成と例文あり

外国人が日本で永住申請をする際には「理由書」の提出が必要になります。 永住申請の理由書とは「なぜ日本の永住権が欲しいのか」を説明するもので、審査において重要な書類になってきます。 理由書にはフォーマットがないため、自由に書けるメリットはありますが、どのように書いていいか難しい側面もあります。 そこで今回は、永住申請の際の理由書の書き方につい

続きを読む
就労ビザ

専門学校卒業の外国人を雇用して就労ビザを取得する方法

日本の専門学校を卒業した外国人を雇用して就労ビザを取得する方法について解説します。 日本の就労ビザは、基本的に「学歴」が求められており、日本の専門学校卒業の場合は審査が厳しくなります。 今回は、一般的な就労ビザである「技術・人文知識・国際業務」の審査ポイントや採用の際の注意点について細かく見ていきましょう。 就労ビザで求められる学歴とは? 日

続きを読む
永住権

就労ビザから永住権を取得するためには

就労ビザの外国人が日本の永住権を申請する場合、就労ビザの在留期間更新と比べて永住権は「収入額」「納税状況」「社会保険の支払い」「出国の頻度」「犯罪歴」など厳しい基準で審査されます。 そのため、普段から永住権の取得するための要件を意識し、ルールを守り活動する必要があります。 永住権が取得できると、ビザ更新をする必要がなくなり就労制限もなくなるので、

続きを読む
永住権

永住権が取り消される場合とは?

取得できれば日本に永住できる「永住権」ですが、取得後にも気を付けないと、永住権が取り消されてしまう場合があります。 今回は、永住権が取り消されてしまうケースについて、解説していきます。 永住権が取り消される場合とは? 永住権とは、その名の通り取得できれば日本に永住できるビザになります。 ※アメリカで言う、グリーンカードですね。 その永住権も

続きを読む
配偶者ビザ

外国人配偶者の連れ子を日本に呼ぶには?

国際結婚をして、外国人配偶者の連れ子(前の配偶者との子)を日本に呼びたい場合の手続きについて解説していきます。 連れ子が取得するビザは、ほとんどの場合「定住者ビザ」になります。 連れ子の定住者ビザなので、「連れ子定住」と一般的に呼ばれていますが、連れ子定住は、必ず呼べるわけではなく、いくつか要件がありますので一緒に確認していきましょう。 連れ子

続きを読む
経営管理(ビジネスビザ)

外国人と一緒に日本人が会社を設立する流れと注意点

外国人と一緒に日本で会社を新しく作ろうと考えている方向けの記事になります。 外国人が日本で会社の役員に入る場合には、在留資格(ビザ)の問題がでてきます。 会社は、必要書類を揃えれば設立できますが、在留資格(ビザ)は、入管から許可がもらえないと日本で仕事をすることができなくなってしまったりするので、注意が必要です。 今回は、外国人と一緒に会社

続きを読む
家族滞在ビザ

留学生が夫または妻を日本に呼ぶ方法。家族滞在ビザの申請について

留学生が家族(配偶者と子供のみ)を日本呼んで一緒に暮らす場合、家族(配偶者と子供)は、「家族滞在」のビザ(在留資格)を申請します。 また留学生と言っても、日本語学校、専門学校の留学生は対象外となります。 今回は、留学生が家族( 配偶者または子供)と一緒に日本に住む方法について解説します。 家族を日本に呼べる留学生とは? 結婚していたり、子ども

続きを読む
基礎知識

外国人が日本で出産した場合の出生届やビザの手続き

日本に住む外国人が、日本で子どもを出産した際に行う手続きについて解説していきます。 出産後は、決められた期限内に「出生届」を出したり、「子どものビザ(在留資格)の手続き」をしたりと、忙しくなります。 そのため、出産前から手続きの流れを把握しておくようにしましょう。 出産後に行う手続きとは 外国人が日本で出産した場合には、下記手続きが必要になり

続きを読む
就労ビザ

警備員で就労ビザはとれるのか?

この記事は、外国人を警備員として雇用しようと考えている企業向けの記事になります。 警備員になるためには、「欠格事由」「ビザ(在留資格)」の2つの視点で考えなければいけません。 この記事では、主にビザ(在留資格)の視点で解説していきます。 警備員で就労ビザの取得は難しい 日本の就労ビザは、「原則現場労働を禁止」しています。 特定技能や技能

続きを読む
就労ビザ

携帯電話の販売員で就労ビザを取る方法

この記事では、携帯電話の販売員で外国人を雇用したい企業様向けになります。 携帯電話の販売員は、現場作業になりますが、「専門性」「外国人社員の必要性」をしっかり説明できれば、就労ビザの取得が可能な職種です。 今回は事例も交えながら、携帯電話の販売員での就労ビザ申請のポイントをおさえていきましょう。 携帯電話の販売員の働ける就労ビザの種類とは?

続きを読む
就労ビザ

物流業界(倉庫内作業)で取得できる就労ビザとは?

物流業界で、外国人を雇用したいと考えている企業向けの記事になります。 オンラインショッピングの利用が増え、物流業界は人材不足に陥っています。 物流と言っても、「倉庫内作業」や「仕分け」など多くの作業があります。 日本の就労ビザでは、現場労働の仕事での就労ビザはできませんが、年々緩和されてきており、倉庫内作業だけでなく、他の業務を組み合わせて

続きを読む