• HOME
  • お役立ち情報(新着順)

お役立ち情報

お役立ち情報一覧(新着順)

家族滞在ビザ

留学ビザから家族滞在ビザへの変更方法と注意点

家族滞在ビザは、外国人同士で結婚した場合に取得することができるビザで、留学生の間では「家族ビザ」と呼ばれたりします。 留学中に結婚をして、学校を辞めたいと思った場合は、家族滞在ビザに変更する必要がでてきます。 今回は、留学ビザから家族滞在ビザに変更する方法と注意点について解説していきます。 家族滞在ビザに変更するための条件とは? 家族滞在ビザ

続きを読む
留学ビザ

留学ビザの更新手続き方法と注意点について

日本に留学している外国人の方は、進学するために留学ビザを更新したい人も多くいると思います。 留学ビザの更新は、学校がサポートしてくれる場合もありますが、外国人自身が行わないといけない場合もあります。 自分で留学ビザを更新手続きをしないといけない場合、「どのように更新手続きするのか?」「ちゃんと許可されるか?」不安になることがあると思います。

続きを読む
留学ビザ

留学ビザを取得するための条件とは?

この記事では、外国人が日本に留学する際の「留学ビザ」の取得方法について解説していきます。 日本の留学ビザ取得するには、まず入学先の学校を決める必要があります。 さらに日本での留学生活が問題なく送れるかどうかの判断として、収入の審査もあります。 このような取得条件についても細かく解説していきます。 留学ビザとは? 留学ビザとは、外国人が日

続きを読む
高度専門職ビザ(高度人材)

就労ビザから高度専門職ビザに変更する方法と注意点について

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の外国人が、高度専門職1号ロのビザに変更するには、高度専門職ポイント計算表で70ポイント以上あれば可能です。 ただし、ポイントが70ポイント以上ある場合でも、年収300万円以下の場合は高度専門職1号ロへの変更はできません。 今回は、すでに就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)で働く外国人が高度専門職1号ロに変更す

続きを読む
就労ビザ

留学ビザから就労ビザに変更する流れと方法について

日本の専門学校や大学などを卒業して、日本で就職する留学生の約9割は「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザを取得します。 留学生が会社から内定をもらっても、留学ビザのままではフルタイムでは働けず、学校を卒業したらアルバイトもできません。 フルタイムで働くためには就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)を取得する必要がありますので、この記事では「技術

続きを読む
経営管理(ビジネスビザ)

留学ビザから経営管理ビザに変更する方法と注意点

この記事では、留学生が日本で起業して会社経営するための「経営管理ビザを取得方法」について解説していきます。 一般的な経営管理ビザの注意点に加えて、留学生ならではの注意点も一緒に説明していきますので、留学生の皆さんは、この記事を参考に起業準備を進めてもらえればと思います。 留学ビザから経営管理ビザに変更する際の注意点とは? 経営管理ビザは、学歴や実務

続きを読む
特定技能ビザ

留学ビザから特定技能に変更する方法と注意点とは?

留学ビザの外国人が、就労ビザに変更する場合、一般的な就労ビザである技術・人文知識・国際業務が主流でしたが、近年では「特定技能」に変更する留学生も増えてきました。 今回は、留学ビザから特定技能ビザに変更する方法と注意点について解説していきます。 留学ビザから特定技能ビザに変更する要件とは? 留学ビザから特定技能ビザに変更するには、「技能試験」「日本語

続きを読む
経営管理(ビジネスビザ)

経営管理ビザの更新申請の注意点と必要書類について

経営管理ビザの更新申請は、新規取得時よりは緩く審査されますが、他のビザ(就労ビザなど)と比較すると難しいです。 経営管理ビザを更新の条件は、ガイドラインにも記載されていますが、この記事では、注意点と必要書類について、わかりやすく解説していきます。 経営管理ビザの更新の条件について 経営管理ビザの更新の際には、会社の業績の確認(事業計画通りにいってい

続きを読む
経営管理(ビジネスビザ)

就労ビザから経営管理ビザへ変更する方法

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)で働く外国人が、日本で会社設立してビジネスをする場合には、「経営管理ビザ」へのビザ変更が必要です。 経営管理ビザは、技術・人文知識・国際業務の就労ビザよりも審査が厳しく、審査に時間もかかります。 今回は、仕事を辞める前に、経営管理ビザの取得をするための要件を理解していただくための記事になります。 就労ビザから

続きを読む
特定技能ビザ

特定技能2号への移行職種の拡大について

特定技能ビザにおいて、今まで2分野(建設・造船・舶用工業)のみ認められていた特定技能2号への移行が、介護を除く全分野で可能する動きが出ています。 特定技能2号への移行が認められると、最長5年間のみの就労という期間制限がなくなり、長く働いてもらうことが可能となります。 また特定技能2号移行後は、永住権の取得も可能となっているため、外国人本人にもメリ

続きを読む
基礎知識

未来創造人材制度(J-Find)について

未来創造人材制度(J-Find)とは? 2023年4月から「未来創造人材制度(J-Find)」が新しく始まりました。 未来創造人材制度とは、ポテンシャルが高い若い外国人材を日本に早めに呼び込み、日本で働いてもらうための制度です。 そのため未来創造人材には、「日本での就職活動」「起業準備活動」「これらを行うための資金を確保するための就労」の目的が

続きを読む
基礎知識

特別高度人材制度(J-Skip)について

2023年4月21日に、特別高度人材制度(J-Skip)が新しく運用開始されました。 これは従来の高度専門職ポイント制度に加えて、世界で繰り広げられている人材獲得競争を鑑みて、今後より海外から積極的に高度人材を呼び込むための制度になっています。 この記事では、そんな特別高度人材制度の詳細について解説していきます。 高度専門職制度とは? 高度専

続きを読む