配偶者ビザを取得するメリットとは

基礎知識

配偶者ビザとは

配偶者ビザとは、日本人や永住者と結婚した外国人が取得できるビザです。

 

配偶者ビザを取得すると就労制限などがなくなり日本で好きな仕事をすることが可能
(仕事をせず、主婦(主夫)でいることも可能)

 

ここでいう結婚とは、婚約者は含まれず正式に結婚をして結婚証明書が発行されていることが条件となります。

 

そしてここで注意が必要なのが、配偶者ビザは結婚をしたからといって100%取得ができるというものではないということです。

 

日本にてビザを取って一緒に暮らすにあたっては大きく分けて「結婚の信憑性」「収入」「同居の有無」「素行要件」などがございます。

この細かい内容については下記よりご確認いただけます。

配偶者ビザの審査ポイント

配偶者ビザの正式名称は日本人と結婚する場合は「日本人の配偶者等」、永住者と結婚する場合は「永住者の配偶者等」となっております。

配偶者ビザのメリット

配偶者ビザは就労ビザと比べて、日本人と結婚生活を送ることを目的としてビザが許可されているものになります。

そのため就労制限がなく通常よりも永住権や帰化申請がしやすいというメリットがございます。

 

メリット

  1. 就労制限がない
  2. ビジネスも容易に開始できる
  3. 連れ子も呼べる
  4. 永住権や帰化申請の要件が緩和される

就労制限がない

配偶者ビザでは、就労制限がなくどのような仕事でも就労可能です。

 

配偶者ビザでは就労ビザを新たに取得する必要はなく、配偶者ビザの中に就労制限がない就労ビザが含まれているようなイメージのビザになります。

就労ビザでは指定された仕事のみしかできないので、配偶者ビザはとても使い勝手が良いビザになります。

ビジネスも容易に開始できる

日本でビジネスをしたいと思った時にすぐに開始ができます


日本で起業するビザは通常「経営管理」というビザを取得しなければならず、このビザは経営と管理はできますが現場労働などはできません。

ですので、例えば飲食店を開業したとしても現場で調理などはできないことになります。

 

配偶者ビザを取得するともちろん現場労働もOKなので、飲食店・貿易など好きなビジネスをすることが可能になります。

連れ子も呼べる

連れ子を呼ぶことも可能です。

 

連れ子を呼ぶ要件

  1. 未成年であること
  2. 子どもの親権を外国人配偶者が持っていること

この場合は未成年で外国人親に親権があることが必要になり、この連れ子のビザは「定住者」というものになります。

この定住者というビザも配偶者ビザと一緒で就労制限がないものになります。

永住権や帰化申請の要件が緩和される

永住権や帰化申請の要件が緩和されます


通常永住権を取得するためには、10年の居住が必要になってきますが、配偶者ビザを持っている場合は最短3年の居住で可能になります。

(海外在住ですでに3年の結婚期間があれば、1年間の日本居住で可能)

 

帰化申請については5年間の居住のところ、3年間の居住で申請が可能になります。

 

配偶者ビザ以外に就労制限がないビザとは

配偶者ビザは就労制限がなく働くことが可能ですが、同じように就労制限がないビザはどのようなものがあるのでしょうか。

 

就労制限がないビザの種類

  1. 配偶者ビザ(日本人の配偶者等・永住者の配偶者等)
  2. 定住者(日本人と離婚や死別後に取得できるビザ)
  3. 永住者(永住権を持っている方)

配偶者ビザ以外には、永住者」と「定住者」のビザを持っている人も就労制限がありません


永住者は日本への居住歴が長い方が取得できるものになります。

定住者ビザは日系〇世といった方、日本人と離婚や死別した方、日本人や永住者と結婚した方の連れ子などになります。

 

それぞれ要件はあるものの、上記の方は就労ビザをもっていなくても自由に日本で働くことが可能になっています。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください