• HOME
  • お役立ち情報
  • 配偶者ビザ取得のための必要書類とは?申請の種類別に解説します
基礎知識

配偶者ビザ取得のための必要書類とは?申請の種類別に解説します

配偶者ビザの必要書類とは?

外国人の方が日本人と結婚して、日本で一緒に住む際には「配偶者ビザ(日本人の配偶者等)」が必要になります。

配偶者ビザは、結婚したらもらえるものではなく、日本の入管で審査があります。その審査の際に必要となる必要書類をご説明していきます。

必要書類は、
「①海外に外国人配偶者がいて日本に呼ぶ場合」
「②日本にすでに外国人配偶者がいる場合」
上記で異なってきますので
該当の部分をご確認ください。

※この必要書類は最低限必要なものになり、個人の状況によって必要書類が増える場合がございます。

海外に外国人配偶者がいて日本に呼ぶ場合(在留資格認定証明書交付申請)

海外から外国人配偶者を日本呼ぶ場合の必要書類になります。

申請人(外国人)が集める書類

  1. 証明写真(縦4cm×横3cm)1枚 ※3ヶ月以内に撮影したもの
  2. 外国人の国(外国)の機関から発行された結婚証明書の原本 1通
    ※原本が1部しか発行されない場合は、コピーで可
  3. パスポートのコピー

日本人が集める書類

  1. 在留資格認定証明書交付申請書 1通
    フォーマットはこちら
  2. 返信用封筒(404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通
  3. 戸籍謄本の原本 1通
    ※申請人との婚姻事実の記載があるもの。
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  4. 住民票の原本(世帯全員の記載のあるもの) 1通
    ※続柄や本籍地などの省略がないものが必要です。
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  5. 直近年度の住民税の課税証明書及び納税証明書の原本 各1通
    ※1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所から取得できます。

    ※配偶者(日本人)の方が申請人の扶養を受けている場合等で提出できないときは,申請人(外国人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書を提出して下さい。
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  6. 身元保証書 1通 ※フォーマットがあります
    フォーマットはこちら
    ※身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)の方になっていただきます。
  7. 質問書 1通 ※フォーマットがあります
    フォーマットはこちら
  8. 会社発行の在職証明書の原本 1通
    ※外国人配偶者が働いている場合は、外国人配偶者のものが必要になります。

2人で集める書類

  1. スナップ写真(夫婦で写っているもの,お互いの両親と一緒に写っているものなど)2~3枚
  2. メールやLINE等のやりとり履歴
    ※直近3ヶ月のもので各月2~3スクリーンショット

日本にすでに外国人配偶者がいる場合(在留資格変更許可申請)

外国人配偶者が日本ですでに在留資格(ビザ)を持って滞在しており、日本人の配偶者等のビザに変更する場合の必要書類になります。

申請人(外国人)が集める書類

  1. 証明写真(縦4cm×横3cm)1枚 ※3ヶ月以内に撮影したもの
  2. 外国人の国(外国)の機関から発行された結婚証明書の原本 1通
    ※原本が1部しか発行されない場合は、コピーで可
  3. パスポートの原本
  4. 在留カードの原本
  5. 会社発行の在職証明書の原本 1通(仕事している場合のみ)

日本人が集める書類

  1. 在留資格変更許可申請書1通
    フォーマットはこちら
  2. 返信用ハガキ1通 ※入管でもらえます。
  3. 戸籍謄本の原本 1通
    ※申請人との婚姻事実の記載があるもの
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  4. 住民票の原本(世帯全員の記載のあるもの) 1通
    ※続柄・本籍地等の事項については省略のないものが必要です。
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  5. 直近年度の住民税の課税証明書及び納税証明書の原本 各1通
    ※1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所から取得できます。
    ※配偶者(日本人)の方が申請人の扶養を受けている場合等で提出できないときは,申請人(外国人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書を提出して下さい。
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  6. 身元保証書 1通 ※フォーマットがあります
    ※身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)の方になっていただきます。
    フォーマットはこちら
  7. 質問書 1通 ※フォーマットがあります
    フォーマットはこちら
  8. 会社発行の在職証明書の原本 1通

2人で集める書類

  1. スナップ写真(夫婦で写っているもの,お互いの両親と一緒に写っているものなど)2~3枚

配偶者ビザをすでに持っている場合(在留資格更新許可申請)

配偶者ビザをすでに持っていて今の配偶者ビザを更新したい場合の必要書類になります。

申請人(外国人)が集める書類

  1. 在留期間更新許可申請書 1通
    フォーマットはこちら
  2. 証明写真(縦4cm×横3cm) 1枚 ※3ヶ月以内に撮影したもの
  3. パスポートの原本
  4. 在留カードの原本

日本人が集める書類

  1. 戸籍謄本の原本 1通
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  2. 住民票の原本(世帯全員の記載のあるもの) 1通
    ※個人番号(マイナンバー)については省略し,他の事項については省略のないものとするようお願いします
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  3. 直近年度の住民税の課税証明書及び納税証明書の原本 各1通
    ※1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所から取得できます。
    ※配偶者(日本人)の方が申請人の扶養を受けている場合等で提出できないときは,申請人(外国人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書を提出して下さい
    ※発行日から3ヶ月以内のもの
  4. 身元保証書 1通 ※フォーマットがあります
    ※身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)の方になっていただきます。
    フォーマットはこちら

ケースによって必要になってくる書類

他のサイトによっては、外国人本人の履歴書や卒業証明書なども必要と記載があるところもございますが、基本的にはそちらの書類は必要ございません。

状況に応じて必要な書類(抜粋)

  1. 直近3カ月分の給与明細コピー
  2. 賃貸借契約書のコピー
  3. 持ち家の登記簿謄本
  4. 結婚式場の予約表のコピー
  5. 嘆願書
  6. 就職活動の証明書類

このケースによって必要となってくる書類は、証明を強めたい場合に提出するものになるので、絶対出さないといけないものではありません。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

よく読まれている記事

基礎知識

【2022.3更新】コロナによる入国制限緩和!入国できる外国人とは?

入国制限緩和について(2022年3月更新) 2022年3月1日から「新たに入国制限が緩和」されました。 元々、「再入国の外国人(すでに在留カードを持っている人)」と「日本人」については、隔離期間はありましたが、出入国はできました。 今回の入国制限緩和では、「新規入国の外国人(在留カードを持っていない外国人)」が主な緩和対象となります。 新

続きを読む
基礎知識

海外在住の夫婦が日本移住する方法。身元保証人についても解説

日本移住のための配偶者ビザ(結婚ビザ)の取得方法について解説。日本に仕事がない場合や住民票が日本にない場合にはどのように手続きをするべきなのか、夫婦で一緒に日本に移住するためのプロセス見ていきましょう。

続きを読む
基礎知識

永住権に必要な年収はいくらか?ケース別に解説!

永住権を取得するには年収要件がある 永住権の審査には、年収要件があります。 永住権の年収の金額は公表されていなく、色んなサイトで目安は年収300万円以上で、扶養家族1人につき+70万円~80万円必要という記載があります。 年収300万円と言うのは間違ってはいないのですが、外国人の状況によって必要とされる年収は変わってきます。 永住権の

続きを読む