配偶者ビザ

再婚での配偶者ビザ申請、審査ポイントと注意点とは?

前に日本人と結婚をしていて、すでに「日本人の配偶者等」のビザを持っている外国人と結婚する場合、審査が厳しくなる傾向にあります。

審査では「前婚での離婚理由についても確認します」ので、聞きづらい内容かと思いますが、お相手の外国人に離婚理由を確認しておく必要があります。

今回は、再婚での配偶者ビザを申請する場合の審査ポイントについて解説していきます。

再婚での配偶者ビザ申請は、前婚の離婚理由も重要となる

配偶者ビザの審査では、離婚歴がある場合、「前婚の離婚理由の説明を求められることが多い」です。

離婚回数が多い場合は、その分審査も厳しくなります。

離婚理由は、変に小細工はせず素直に記載するようにしてください。

不倫で交際が始まっても許可はおりる

例えば、交際開始期間が離婚前で、不倫状態で交際がスタートしていたとしても、素直に記載するようにしてください。

噂で、「不倫で交際が始まった場合は配偶者ビザの許可がおりないと聞いた」と言われることがありますが、そうではありません。

不倫からの交際スタートだったとしても、離婚理由などを説明して、今回の結婚の信ぴょう性を説明できれば配偶者ビザの許可はもらえます。

また入管から元配偶者に不倫していたことを伝わることはないので、入管には嘘をつかずに説明するようにしてください。

配偶者ビザの申請時期とは?

配偶者ビザ(日本人の配偶者等)の申請は、通常、「結婚手続きが完了後に申請」をします。

ただし、すでに配偶者ビザ(日本人の配偶者等)を持っている外国人と結婚する場合、同じビザの種類を申請することになります。

同じビザ(日本人の配偶者等)を申請する場合には、在留期限の3か月前からでないと申請することができません。

そのため、例えば今持っている配偶者ビザ(日本人の配偶者等)の期限が2年後であれば2年後でないと申請できないのです。

では、その間はどうするのかと言うと、「今の配偶者ビザビザのまま過ごす」ことができます。

ただし1つ必ず行わなければいけないことがあります。

それは、「配偶者に関する届出」です。

この届出は、「離婚または死別してから14日以内」にその事実を入管に届け出ないといけません。

ただし14日を過ぎても届出を出していない場合は、今からでもいいので1日でも早く届出を出すようにしてください。

この届出は外国人の義務になるので、届出をしていない場合は、次回のビザ申請時に悪影響が出る場合があります。

再婚禁止期間に注意が必要

女性の場合は、「再婚禁止期間」があります。

これは国際結婚でも日本の民法が適用となり、民法733条で「離婚後100日間は再婚が禁止」されています。

ただし「妊娠していない旨の証明が産婦人科から取得」できれば例外的に100日以内でも結婚することができます。

ただし、結婚する外国人が女性の場合で、その方の母国でも再婚禁止期間がある場合には、外国人の母国での内容を確認しておきましょう。

日本では離婚後100日となっていますが、外国人女性の国でより長い再婚禁止期間が適用になっている場合は、原則その期間を守らないといけません。

再婚禁止期間中にビザ期限が来てしまう場合

配偶者ビザの申請は、結婚が成立していることが条件となるので、再婚禁止期間中に、外国人配偶者のビザの期限がきてしまう場合には、配偶者ビザの申請ができません。

その場合は、「一度帰国するか、短期滞在ビザに変更」します。

短期滞在ビザへの変更は必ず認められるものではないので、状況を入管に説明して認めてもらう必要があります。

短期滞在ビザは、最大でも90日(3か月)しかもらえないので、ご注意ください。

入管に認めてもらえれば、短期滞在ビザも1度のみ更新ができるので最大180日間、日本に滞在することができます。

ただし短期滞在ビザになると、住民登録ができなくなり、社会保険の加入ができなくなります。

そのため病院に行くと100%実費となり、高額の請求となってしまうので、その点も考慮してどのようにするか決めるようにしてください。

短期滞在から配偶者ビザへの変更申請への内容はこちらより確認できます。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

よく読まれている記事

基礎知識

【2022.3更新】コロナによる入国制限緩和!入国できる外国人とは?

入国制限緩和について(2022年3月更新) 2022年3月1日から「新たに入国制限が緩和」されました。 元々、「再入国の外国人(すでに在留カードを持っている人)」と「日本人」については、隔離期間はありましたが、出入国はできました。 今回の入国制限緩和では、「新規入国の外国人(在留カードを持っていない外国人)」が主な緩和対象となります。 新

続きを読む
基礎知識

海外在住の夫婦が日本移住する方法。身元保証人についても解説

日本移住のための配偶者ビザ(結婚ビザ)の取得方法について解説。日本に仕事がない場合や住民票が日本にない場合にはどのように手続きをするべきなのか、夫婦で一緒に日本に移住するためのプロセス見ていきましょう。

続きを読む
基礎知識

永住権に必要な年収はいくらか?ケース別に解説!

永住権を取得するには年収要件がある 永住権の審査には、年収要件があります。 永住権の年収の金額は公表されていなく、色んなサイトで目安は年収300万円以上で、扶養家族1人につき+70万円~80万円必要という記載があります。 年収300万円と言うのは間違ってはいないのですが、外国人の状況によって必要とされる年収は変わってきます。 永住権の

続きを読む