各国の結婚手続き

モンゴル人との結婚手続き方法

モンゴル人との結婚手続きでは、「日本とモンゴルのどちらの国でも結婚手続きが必要」になります。

今回の記事では、日本から先に結婚手続きを行う場合(日本方式)と、モンゴルから先に結婚手続きを行う場合(モンゴル方式)の結婚手続きをご紹介します。

基本情報

モンゴル人の結婚事情

結婚可能年齢:男女ともに18歳以上

※モンゴル人との結婚手続きは、必要書類が多く手続きに時間がかかります。

モンゴル人との結婚手続きは、「モンゴル人が日本にいる場合は日本から先に結婚手続き」をし、「モンゴルにいる場合はモンゴルから結婚手続きをする」のが一般的です。

日本方式での結婚手続き(日本で先に結婚手続きする場合)

※地域によって必要書類が異なる場合がありますので、確認をしながら手続きお願いします。

Step.1 モンゴル本国にて必要書類を集める

日本で先に結婚手続きをする場合でも、「モンゴル本国で書類を準備する」必要があります。

モンゴルでの必要書類

  1. 非婚姻(独身)証明書(国民登録情報センター発行のもの)
  2. 国民登録証を公証する(日本にモンゴル大使館でできる場合は不要)
  3. 出生証明書を公証する(日本にモンゴル大使館でできる場合は不要)

※モンゴル人に離婚歴がある場合は、離婚登録に関する書類(裁判所による決定書など)が別途必要になります。

Step.2 警察庁にてモンゴル人の犯罪経歴証明書を取得する

※現在は、犯罪経歴証明書が不要とモンゴル大使館からアナウンスがありますが、事前に確認を行い、必要な場合は下記手順に沿って手続きをしてください。

日本で犯罪経歴証明書を取得するには、「犯罪経歴証明書発給要請書」が必要になります。

ただしモンゴル大使館では犯罪経歴証明書発給要請書の発行を行っていないため、「モンゴル本国の婚姻登録申請書(日本で言う婚姻届)」を準備します。

モンゴルで準備した婚姻登録申請書に必要事項を記入し最寄りの警察庁で犯罪経歴証明書を取得」します。

※警察庁では、結婚手続きに使用することがわかれば、犯罪経歴証明書の発行をしてくれます。

※婚姻登録申請書は「原則原本」が求められますが、原本の郵送に時間がかかる場合などはコピーでも対応してもらえます。

(例:埼玉県在住の場合は、埼玉「警察庁」で取得)
※警察署での発行されるものではありません。

埼玉警察庁のリンクはこちら

モンゴル人の必要書類

  1. パスポート(記載内容に変更がある場合は変更済のもの)
  2. 婚姻登録申請書(必要事項を記入済のもの)
  3. 在留カード

Step.3 健康診断を受ける

日本人とモンゴル人の「HIV」「性病」「精神病」「結核」についての健康診断を受ける必要があります。

※上記の決められた項目の診断書が必要になります。

また健康診断を受ける病院は、日本の最寄りの病院で大丈夫です。

Step.4 日本にあるモンゴル大使館で「婚姻要件具備証明書」を取得する

犯罪経歴証明書が取得できたら、もう一度モンゴル大使館に行きモンゴル人の婚姻要件具備証明書」を取得します。

婚姻要件具備証明書とは、婚姻できる状態にあるかを証明する書類になります。

婚姻要件具備証明書の取得の際には、下記書類を「原本に加えてカラーコピーで2部を準備します。(原本+カラーコピー2部=計3部が必要)

モンゴル人の必要書類

  1. パスポートのコピー
  2. 在留カードのコピー(両面)
  3. 国民登録証
  4. 出生証明書
  5. 非婚姻(独身)の確認書(モンゴルの国家登記庁(国民登録情報センター)発行のもの)
  6. 健康診断書(モンゴル語訳をつける)
    ※HIV・性感染症・精神病・結核の検査結果のもの。
  7. 婚姻登録申請書(大使館にあります)
  8. 警察庁発行のモンゴル人の犯罪経歴証明書(現在は不要とされています)   

日本人の必要書類

  1. 戸籍謄本とモンゴル語訳(本籍地で取得し、発行から3か月以内のもの)
  2. パスポートのコピー(ない場合は運転免許証の両面コピー)
  3. 健康診断書とそのモンゴル語訳
    ※HIV・性感染症・精神病・結核の検査結果。最寄りの病院で受診をします

Step.5 日本の区役所(市役所)にて婚姻届提出

日本にあるモンゴル大使館で、モンゴル人の婚姻要件具備証明書が発行できたら、日本にある役所で婚姻届を提出します。

モンゴル人の必要書類

  1. パスポートと写真のページの日本語訳 
  2. 在留カード(ある場合のみ)
  3. 婚姻要件具備証明書と日本語訳
    ※どなたが日本語訳をしても大丈夫です。

日本人の必要書類

  1. 婚姻届(証人2名の署名が必要)
  2. 戸籍謄本(本籍地以外で提出する場合のみ必要)
  3. 婚姻届の際に使用した印鑑
  4. 身分証明書(運転免許証など)

※日本人の戸籍謄本に婚姻情報が反映されるまでに約1週間かかります。

Step.6 日本にあるモンゴル大使館で報告的届出を行う

日本の役所で婚姻届が受理され、日本人の戸籍謄本に相手の名前が載った「後」に戸籍謄本を取得します。

婚姻状況が反映された戸籍謄本を持って「モンゴル大使館2人」で行き、モンゴル側での結婚手続きを行います。

モンゴル側の婚姻登録の必要書類

  1. 婚姻状況が反映された戸籍謄本とモンゴル語訳
  2. Step.4でモンゴル大使館より返却された書類一式

※手数料が1,450円かかります。
※結婚証明書の発行は数日後に行われます。(郵送での受取りも可)

モンゴル大使館(Embassy of Mongolia)
21-4, Kamiyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0047
Tel: 03-3469-2088
Fax: 03-3469-2216
E-mail: tokyo.consul.dep@gmail.com

配偶者ビザ申請時には、「モンゴル大使館発行の婚姻証明書」が必要になります。

モンゴル方式での結婚手続き(モンゴルで先に結婚手続きをする場合)

※地域によって必要書類が異なる場合がありますので、確認をしながら手続きをお願いします。

モンゴルで先に結婚手続きを行う場合は、日本人がモンゴルに行く必要があります。

Step.1 日本で日本人の犯罪経歴証明書を取得する

日本人の犯罪経歴証明書は、最寄りの警察庁取得します。

申請の際に「用途」の確認が入るため「モンゴル人と結婚するために必要」という書類が必要になります。

本来であれば、日本にあるモンゴル大使館から取得するのですが、モンゴル大使館ではそういった書類の発行を行っていないため、モンゴル本国から「婚姻登録申請書」(日本で言う婚姻届)を取得します。

そして婚姻登録申請書に必要事項を記入し、最寄りの警察庁に持っていきます。

※婚姻登録申請書は基本的に原本が必要ですが、郵送などに時間がかかる場合などはコピーで対応してくれる場合が多いです。

(例:埼玉県在住の場合は、埼玉「警察庁」で取得)
※警察署での発行ではございません。

埼玉警察庁のリンクはこちら

必要書類

  1. パスポート(記載内容に変更がある場合は変更済のもの)
  2. 婚姻登録申請書(記入済のもの)

Step.2 日本人が健康診断を受ける

日本人の「HIV」「性病」「精神病」「結核」についての健康診断の書類が必要になります。

こちら決められた項目の診断書が必要になりますので、お間違いないようにお願いします。

日本人の健康診断が、日本の病院でも可能かどうかは、モンゴル国国家登記庁(国民登録情報センター)に確認をしてください。

健康診断は、モンゴル人も同じ項目で検査を受ける必要がありますが、モンゴル人はモンゴルで行うのが一般的です。

Step.3 日本人の婚姻要件具備証明書を取得する

日本人の婚姻要件具備証明書は「日本にある法務局」または「モンゴルにある日本大使館」で取得できます。

※婚姻要件具備証明書は、結婚できる要件が整っているかを証明する資料になります。

日本にある法務局で取得する場合は「外務省でアポスティーユ(外務省認証)を受ける」必要があります。

一方、モンゴルにある日本大使館で発行してもらう場合は、外務省のアポスティーユは不要ですが、発行に1~2か月ほどかかります。

日本人が長期でモンゴルに行けない場合は、日本の法務局で先んじて取得していくのをおすすめします。

日本の法務局で取得する場合の必要書類

  1. 戸籍謄本(発行から3ヶ月以前のもの)
  2. 印鑑
  3. 身分証明書(パスポート・運転免許証・健康保険証など)
  4. モンゴル人の情報(氏名・生年月日・国籍・性別など)

日本の法務局で日本人の婚姻要件具備証明書を取得した場合は、日本にある日本の外務省にて婚姻要件具備証明書をアポスティーユ(外務省認証)します。

アポスティーユとは、発行書類が日本の公的機関から発行されたことを証明するために行う手続きになります。

※コロナ禍では、アポスティーユ業務の窓口対応は行っておらず、すべて郵送での対応となっています。

Step.4 モンゴルで結婚手続きをする

日本人の婚姻要件具備証明書が取得できたら、モンゴルに行き、モンゴルにある「国民登録情報センター(国家登録庁)」で結婚手続きをします。

この手続きの審査には30日かかります。

日本人の必要書類

  1. 婚姻要件具備証明書とモンゴル語訳
  2. 警察本部発行の犯罪経歴証明書とそのモンゴル語訳
  3. 健康診断証明書(HIV・性感染症・精神病・結核の検査結果)
  4. パスポート
  5. 証明写真
  6. 住民登録証明書(モンゴル在住の場合のみ)
  7. 資金力を証明する資料(預金残高証明書、在職証明書など)
    ※基本、モンゴル在住の日本人のみ求められますが、念のため事前にモンゴル国国家登記庁(国民登録情報センター)に確認を行ってください。
  8. 離婚届の記載事項証明書(離婚歴がある場合のみ)
    ※こちらも必要であれば、日本から準備していく書類ですが、念のため事前にモンゴル国国家登記庁(国民登録情報センター)に確認を行ってください。

モンゴル人の必要書類

  1. 国民身分登録書
  2. 健康診断証明書(HIV・性感染症・精神病・結核の検査結果)
  3. モンゴル警察発行の犯歴証明書
  4. 独身証明書(中央身分証明書公文書館発行のもの)
  5. 離婚証明書(離婚歴がある場合のみ)

モンゴルで婚姻手続きが完了すると、「婚姻証明書」を発行してもらえます。

Step.5 日本の役所で報告的届出をする

モンゴルで婚姻証明書が取得できたら、日本側の結婚手続きを行っていきます。

日本側の結婚手続きは、モンゴルにある日本大使館でも手続きも可能ですが、時間がかかるため「日本にある役所での手続きの方がスムーズ」に行えます。

日本人の必要書類

  1. 婚姻届(証人2人の署名は不要)
  2. 戸籍謄本(本籍地以外で手続きする場合のみ)
  3. 身分証明書(運転免許証など)

モンゴル人の必要書類

  1. 婚姻証明書(モンゴル国国家登録庁(モンゴル国民登録センター)発行のもの)と日本語訳
    ※日本語訳はどなたが行っても大丈夫です。
  2. パスポートと写真のページの日本語訳
  3. 在留カード(ある場合のみ)

※正式に受理されてから約1週間で日本人の戸籍謄本に婚姻情報が反映されます。

配偶者ビザ申請時には、モンゴルで発行された「婚姻証明書が必要」になります。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

よく読まれている記事

基礎知識

【2022.3更新】コロナによる入国制限緩和!入国できる外国人とは?

入国制限緩和について(2022年3月更新) 2022年3月1日から「新たに入国制限が緩和」されました。 元々、「再入国の外国人(すでに在留カードを持っている人)」と「日本人」については、隔離期間はありましたが、出入国はできました。 今回の入国制限緩和では、「新規入国の外国人(在留カードを持っていない外国人)」が主な緩和対象となります。 新

続きを読む
基礎知識

海外在住の夫婦が日本移住する方法。身元保証人についても解説

日本移住のための配偶者ビザ(結婚ビザ)の取得方法について解説。日本に仕事がない場合や住民票が日本にない場合にはどのように手続きをするべきなのか、夫婦で一緒に日本に移住するためのプロセス見ていきましょう。

続きを読む
基礎知識

永住権に必要な年収はいくらか?ケース別に解説!

永住権を取得するには年収要件がある 永住権の審査には、年収要件があります。 永住権の年収の金額は公表されていなく、色んなサイトで目安は年収300万円以上で、扶養家族1人につき+70万円~80万円必要という記載があります。 年収300万円と言うのは間違ってはいないのですが、外国人の状況によって必要とされる年収は変わってきます。 永住権の

続きを読む