家族滞在ビザ

家族滞在ビザ申請の必要書類をすべて紹介

家族滞在ビザは、申請人(家族滞在ビザを取得したい外国人)の状況によって必要書類が変わってきます。

今回は、「海外から呼び寄せる申請(認定申請)」「今持っているビザから家族滞在ビザに変更したい場合(変更申請)」「すでに家族滞在ビザを持っていて更新したい場合(更新申請)」のそれぞれについて、必要書類を解説していきます。

家族滞在ビザを取得できる外国人とは?

家族滞在ビザの申請は、次のどれかのビザ(在留資格)を持っている外国人であれば、「配偶者(夫・妻)」または「子ども」が取得することができます。

※親や兄弟、親戚は呼べません。

親・兄弟・親戚を呼びたい場合は、こちらを参考にしてください。

家族滞在ビザを申請できる外国人のビザ

「教授」
「芸術」
「宗教」
「報道」
「高度専門職」
「経営・管理」
「法律・会計業務」
「医療」
「研究」
「教育」
「技術・人文知識・国際業務」
「企業内転勤」
「介護」
「興行」
「技能」
「文化活動」
「留学」(日本語学校生・専門学校生は該当しません)

簡単に言うと、「就労ビザまたは留学ビザの外国人」が家族滞在ビザを申請できます。
※「技能実習」や「特定技能」の外国人は対象外になります。

留学ビザは、日本の「短期大学」「大学」「大学院」に通っている外国人が対象となります。

留学ビザでも、日本語学校と「専門学校に通っている外国人は対象外」になります。

その他、家族滞在ビザは法律婚をしている必要があり、事実婚やフィアンセでは認められません。

家族滞在ビザの必要書類について

家族滞在ビザを申請する際の必要書類を解説していきます。

「海外から呼び寄せる場合(認定申請)」「他のビザから変更する場合(変更申請)」「すでに持っている家族滞在ビザを更新する場合(更新申請)」で必要書類が異なりますので、該当する箇所をご確認ください。

認定申請(海外から呼び寄せる場合)

海外から配偶者(夫・妻)または子どもを呼び寄せる申請(認定申請)の必要書類は下記になります。

海外から呼び寄せる申請(認定申請)の必要書類

  1. 在留資格認定証明書交付申請書
  2. 理由書(自由書式で、家族を日本に呼ぶ寄せる理由を説明したもの)
  3. 証明写真(縦4㎝×縦3㎝)※撮影から3か月以内のもの
  4. パスポートのコピー
  5. 婚姻届の受理証明書(日本で結婚した場合に必要)
  6. 結婚証明書(海外で結婚した場合に必要)
  7. 出生証明書(子どもを呼ぶ場合に必要)
  8. 養子縁組の証明書(連れ子を養子縁組した場合に必要)

就労ビザで会社員の外国人の場合

  1. 直近1年分の住民税の課税証明書
  2. 直近1年分の住民税の納税証明書(納税証明書に課税額が記載されている場合は、課税証明書は不要)
  3. 預金残高証明書(通帳のコピーでも可)
  4. 在職証明書(会社発行のもの)

会社経営者(経営管理ビザ)の外国人の場合

  1. 登記事項証明書 ※発行から3か月以内のもの
  2. 定款のコピー
  3. 会社案内(会社のHPを印刷したものでもOK)
  4. 直近1年分の決算書(貸借対照表・損益計算書)
  5. 直近年度の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表のコピー(受付印または電子申請の控え付き)
  6. 役員報酬の金額がわかる書類のコピー(株主総会議事録など)

留学生(留学ビザ)の外国人の場合

  1. 直近3か月分のアルバイトの給与明細書
  2. 両親からの仕送りを証明する書類(国際送金の証明書など)
  3. 預金残高証明書(または通帳のコピーでも可)

変更申請(今持っているビザを家族滞在ビザに変更する場合)

日本にいる配偶者(夫・妻)または子どものビザ(在留資格)を家族滞在ビザに変える場合(変更申請)の必要書類は下記です。

ビザを変更する場合(変更申請)の必要書類

  1. 在留資格変更許可申請書
  2. 理由書(自由書式で、家族を日本に呼ぶ寄せる理由を説明したもの)
  3. パスポート
  4. 在留カード
  5. 婚姻届の受理証明書(日本で結婚した場合に必要)
  6. 結婚証明書(海外で結婚した場合に必要)
  7. 出生証明書(子どもを呼ぶ場合に必要)
  8. 養子縁組の証明書(連れ子を養子縁組した場合に必要)

就労ビザの外国人(扶養者)の必要書類

  1. 直近1年分の住民税の課税証明書
  2. 直近1年分の住民税の納税証明書(納税証明書に課税額が記載されている場合は、課税証明書は不要)
  3. 預金残高証明書(通帳のコピーでも可)

就労ビザで会社員の外国人の場合

  1. 在職証明書(会社発行のもの)
  2. 直近3か月分の給与明細のコピー

会社経営(経営管理ビザ)の外国人の場合

  1. 登記事項証明書(発行から3か月以内のもの)
  2. 定款のコピー
  3. 会社案内(勤務先のHPを印刷したものなどでもOK)
  4. 直近年度の決算書(貸借対照表・損益計算書)
  5. 直近年度の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(受付印または電子申請の控え付き)
  6. 役員報酬の金額がわかる書類のコピー(株主総会議事録など)

留学生(留学ビザ)の外国人の場合

  1. 直近3か月分のアルバイトの給与明細書
  2. 両親からの仕送りを証明する書類(国際送金の証明書など)
  3. 預金残高証明書(または通帳のコピーでも可)

更新申請(今持っている家族滞在ビザを更新する場合)

すでに家族滞在ビザを持っている配偶者(夫・妻)または子どものビザを更新する場合の必要書類は下記です。

ビザを更新する場合(更新申請)の必要書類

  1. 在留期間更新許可申請書
  2. パスポート
  3. 在留カード

就労ビザの外国人(扶養者)の必要書類

  1. 在留カード
  2. 直近1年分の住民税の課税証明書
  3. 直近1年分の住民税の納税証明書(納税証明書に課税額が記載されている場合は、課税証明書は不要)

就労ビザで会社員の外国人の場合

  1. 在職証明書(会社発行のもの)

会社経営(経営管理ビザ)の外国人の場合

  1. 直近年度の決算書(貸借対照表・損益計算書)
  2. 直近年度の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(受付印または電子申請の控え付き)
  3. 役員報酬の金額がわかる書類のコピー(株主総会議事録など)

留学生(留学ビザ)の外国人の場合

  1. 直近3か月分のアルバイトの給与明細書
  2. 両親からの仕送りを証明する書類(国際送金の証明書など)
  3. 預金残高証明書(または通帳のコピーでも可)
無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

よく読まれている記事

基礎知識

【2022.3更新】コロナによる入国制限緩和!入国できる外国人とは?

入国制限緩和について(2022年3月更新) 2022年3月1日から「新たに入国制限が緩和」されました。 元々、「再入国の外国人(すでに在留カードを持っている人)」と「日本人」については、隔離期間はありましたが、出入国はできました。 今回の入国制限緩和では、「新規入国の外国人(在留カードを持っていない外国人)」が主な緩和対象となります。 新

続きを読む
基礎知識

在留資格とビザの違いとは?在留資格全29種類を紹介します。

日本の在留資格(ビザ)は、2020年1月時点で29種類あります。日本で行う活動の内容によって取得する在留資格が違います。新しく新設されたものから、一般的なものまで幅広く紹介していきます。

続きを読む
基礎知識

永住権に必要な年収はいくらか?ケース別に解説!

永住権を取得するには年収要件がある 永住権の審査には、年収要件があります。 永住権の年収の金額は公表されていなく、色んなサイトで目安は年収300万円以上で、扶養家族1人につき+70万円~80万円必要という記載があります。 年収300万円と言うのは間違ってはいないのですが、外国人の状況によって必要とされる年収は変わってきます。 永住権の

続きを読む