経営管理(ビジネスビザ)

スタートアップビザの概要と審査基準について

スタートアップビザとは

スタートアップビザとは、通称名で内閣府や経産省の制度になりますが、海外在住の外国人が日本で起業するにあたって、会社設立の開業準備のためにもらえる6ヶ月のビザのことになります。

ポイント
この6ヶ月のスタートアップビザがもらえると、日本に住所登録ができるため、「銀行口座」を作ったり、「オフィスを借りたり」できるため起業準備がしやすくなります。

これは国家戦略特区(東京都など)の一部の地域で設けられている「外国人創業人材受入促進事業」と、経済産業省による「外国人起業活動促進事業に関する告示」(愛知県など)のどちらかの制度を利用することで、6ヶ月の経営管理ビザもしくは特定活動ビザがもらえるものになります。(1回のみ更新可)

このスタートアップビザの制度は、開業したい場所によって使用できる制度が異なってくるため、開業希望の場所を決めてから準備していく必要があります。

申請可能な自治体(2021.1時点) 【国家戦略特区】

国家戦略特区

  1. 仙台市
  2. 東京都
  3. 神奈川県
  4. 新潟市
  5. 愛知県
  6. 広島県
  7. 今治市
  8. 福岡市
  9. 北九州市

申請可能な自治体(2021.1時点) 【経済産業省制度】

経済産業省制度の自治体

  1. 北海道
  2. 茨城県
  3. 愛知県
  4. 岐阜県
  5. 三重県
  6. 京都府
  7. 大阪市
  8. 神戸市
  9. 福岡市
  10. 大分県

注意点としては下記となります。

  • 地域によって制度がない地域もある
  • 新規で入国する外国人が対象
  • 留学生の場合は、特区の福岡市と仙台市のみ可能(2021.1時点)
  • 会社を引き継ぐのもNG。新規で起業する場合のみ対象
  • 6か月の滞在中は就労できない(資格外活動も不可)
  • 面接あり(原則:日本語、場所によって英語可)※行政書士の代理可

この制度はあくまでも、日本で起業準備するためのサポートであるため、会社設立のための準備である「事務所を探す」「銀行口座を作る」「市場調査をする」「専門家と打ち合わせをする」など起業準備のために使用するものとなっています。

※仕事をするためのビザでないため、報酬を得る活動ができないので注意が必要です。

スタートアップビザ取得の要件

この通称スタートアップビザと呼ばれるビザは、日本で起業し経営管理ビザを取ることを目的としているため、経営管理の要件である資本金500万円以上の預金をすでに保有してい必要があります。

また、事業内容(起業準備内容)を直接説明する必要があり、この説明は原則日本語となり、場所によって英語も可能となっておりますが、その他言語の場合は、通訳者が必要となってきます。

確認される内容

審査ポイント

スタートアップビザの申請においては審査が2段階あり、「各地方公共団体の認定」「入管の審査」その両方をクリアしないといけません。

まずは地方公共団体の認定ですが、こちらのポイントは「認定を出して入管が経営管理ビザを許可するか」という点になります。

スタートアップビザの審査ポイント☝

  • 経営管理ビザの要件は整っているか
  • ビジネス内容が具体的かどうか
  • 起業準備の具体的な内容は決まっているか
  • 日本滞在中の生活費が賄える金額があるか

少し漠然としていますが、何と言っても大切なのがビジネス内容」です。

経営管理ビザの要件は主には、資本金500万円が準備できているかという部分になり、その確認をしつつ、ビジネス内容の実現性を精査することになります。

コロナ禍の今は、電話やメールでビジネス内容のヒアリングを行ったりしますが、通常は直接面接にて細かな内容を聞かれます。

この面接は申請取次士の行政書士や弁護士であれば代理で行うことができ、必ず本人が日本に来ないといけないといったわけではありません。

スタートアップビザが通れば、経営管理ビザ(@入管)での審査も許可されることが多いですが、
別途要件がございますので、経営管理ビザの要件を知りたい方は別の記事をご覧ください。

経営管理ビザ(ビジネスビザ)の要件と審査期間について解説

申請までの流れについて

スタートアップビザを取得するまでの流れをご説明いたします。

スタートアップビザ取得の流れ

  1. 各地方公共団体のスタートアップ事務局に連絡する
  2. 書類作成を行う
  3. 面接を行う
  4. 各地方公共団体の認定を受ける
  5. スタートアップビザ(経営管理又は特定活動6ヶ月)の申請
  6. 結果通知

上記となります。

繰り返しになりますが、スタートアップビザとは起業準備のためのビザなので、上記のフローでスタートアップビザ(6ヶ月)が取得できましたら、会社設立の準備に入ります。

その後、会社設立が終わったら正式に経営管理ビザ(1年)のビザ申請を行います。

同じ経営管理ビザではありますが、この1年以上のビザをもらえたタイミングから正式にビジネス活動が可能で、報酬を得る活動ができるようになります。

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください

よく読まれている記事

基礎知識

【2022.3更新】コロナによる入国制限緩和!入国できる外国人とは?

入国制限緩和について(2022年3月更新) 2022年3月1日から「新たに入国制限が緩和」されました。 元々、「再入国の外国人(すでに在留カードを持っている人)」と「日本人」については、隔離期間はありましたが、出入国はできました。 今回の入国制限緩和では、「新規入国の外国人(在留カードを持っていない外国人)」が主な緩和対象となります。 新

続きを読む
基礎知識

海外在住の夫婦が日本移住する方法。身元保証人についても解説

日本移住のための配偶者ビザ(結婚ビザ)の取得方法について解説。日本に仕事がない場合や住民票が日本にない場合にはどのように手続きをするべきなのか、夫婦で一緒に日本に移住するためのプロセス見ていきましょう。

続きを読む
基礎知識

永住権に必要な年収はいくらか?ケース別に解説!

永住権を取得するには年収要件がある 永住権の審査には、年収要件があります。 永住権の年収の金額は公表されていなく、色んなサイトで目安は年収300万円以上で、扶養家族1人につき+70万円~80万円必要という記載があります。 年収300万円と言うのは間違ってはいないのですが、外国人の状況によって必要とされる年収は変わってきます。 永住権の

続きを読む